診療内容

ホーム > 診療内容

一般歯科

主に虫歯や歯周病などの治療を行います。十分なカウンセリングの後、治療方針を丁寧にご説明いたします。痛みの少ない治療を心がけていますので、異変を感じましたら早めの受診をおすすめしています。

虫歯の進行レベル

上記は一般的な例ですが、上記のような症状の場合、何らかの歯科治療・処置が必要です。
まずは一度当院にご相談ください。
ほとんどの方が「歯が痛くないからまだ歯医者に行かなくても大丈夫」と思っていらっしゃいます。
しかし、痛みを感じるまで放っておくと、神経を取らなければならなかったり、歯を抜くことになってしまいます。

歯や神経を抜くことなく、一生自分の歯を健康に保つためには、
お口の中に不具合を感じたら、早めに相談をして、
適切な治療・処置を行うことが大切なのです。

予防歯科(歯周病、虫歯予防)

健康な歯はもちろん、治療を行った歯が虫歯や歯周病などにならないように予防処置やメンテナンスをすることが大切です。当院では、下記のような予防処置やメンテナンスを行っています。

サリバテスト

唾液の状態を調べることで、虫歯や歯周病になりやすいかどうかを知ることができ、患者様一人ひとりに適した予防プランを計画することができます。

細菌検出

プラーク(歯にまとわりついた汚れ)の中にいる細菌を顕微鏡にて検出し、モニターで確認することで、その菌に効く除菌薬を選択することができます。

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

予防のプロである歯科衛生士によって行われます。超音波や、専用の機器を用いたクリーニング処置により、虫歯や歯周病の原因となる歯石やバイオフィルム(歯ブラシでは取りづらく、薬剤にも抵抗性がある細菌の集合体)を除去することができます。
また、歯の表面をツルツルに仕上げることでバイオフィルムの再付着防止をはかったり、フッ素を塗布したりすることで歯質を強化することができます。それだけでなく舌や、口腔粘膜にまとわりついた汚れも除去し、その方の症状に合った薬剤を用いることで、お口の中全体の除菌を行うことができます。

生涯自分の歯を健康に保つためには、
治療を受けなくても済むよう、予防する事が
とても大切なことなのです。

小児歯科

お子様の発育において歯の健康は大切です。
虫歯治療や予防処置だけでなく、将来の健康に大きな影響を及ぼす永久歯の歯並びや、噛み合わせが正しくなるための指導や治療を行います。

乳歯や永久歯の生え始めの時期は、歯質が弱く、虫歯になりやすい時期です。
当院では、下記のような検査や予防処置などを行うことで、お子様の虫歯のリスクを軽減します。

サリバテスト(唾液の状態を調べること)

お子様がどのくらい虫歯になりやすいかどうか(カリエスリスク)を知ることができるので、お子様それぞれに適した予防プランを充実させることができます。

シーラント予防処置

歯ブラシでみがき残しやすく、虫歯になりやすい奥歯の溝を埋めてあげることで、虫歯の予防ができます。

フッ素塗布

フッ素を塗布することで歯の表面にあるエナメル質を強化し、虫歯に対する抵抗性を高めることができます。

その他には、虫歯になりにくいお食事の取り方や、ミュータンス菌の活動を持続的に抑えることができるシュガーレスキャンディーなどもご案内いたします。
お子様の発育において歯の健康は大切です。そして、親から子供に虫歯菌が感染しないようにするためには、予防と治療が大切です。そのために当院では、赤ちゃんの診療はもちろん、お子様に歯みがきをさせる相談や、歯ブラシは何歳から始めればいいのかなどの質問を受けつけています。また、虫歯治療や予防処置だけでなく、将来の健康に大きな影響を及ぼす永久歯の歯並びや、噛み合わせが正しくなるための指導や治療を行います。
それだけでなく、初めて当医院を訪れるお子様には、この歯科医院は怖くないところだと分かっていただけるまで、アニメのビデオを見せたり、楽しくお話をしたりしながら、ブラッシング指導や、フッ素塗布などを行い、少しずつ治療に慣れていただくようにしていきます。

●歯みがきを嫌がらない方法は?
●歯ブラシは何歳から始めればいいの?
●うちの子は虫歯になりやすい?
●フッ素は本当に必要なの?
●歯みがきの練習や、フッ素はいつからすればいいの?
●歯並びが心配。どうすればいい?
など、いろいろなご質問にお答えします。

矯正歯科

矯正歯科

歯並びや噛み合わせの悪さは、美しくないばかりか、虫歯などの原因になったり、健康に影響を及ぼしたりします。お子様の成長期に行うのがより効果的ですが、成人された方も矯正治療をお受けいただけます。

不正咬み合せの弊害

歯並びやかみ合わせが悪いと、さまざまな問題が生じます。

このように歯並びやかみ合わせが悪いと、身体的にも精神的にも良くないことがわかります。正しい歯並び・かみ合わせに修正するには、矯正治療が必要です。少しでも気になる症状がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。

レーザー治療

痛みが少ないだけでなく、従来の治療方法と比べて回復が早く、口内炎や知覚過敏の症状にも効果があるといった特徴が挙げられます。無麻酔、もしくは麻酔の使用量が少なくて済むのも大きなメリットです。

歯科レーザーで行う主な治療

小児の虫歯予防(歯質の強化)

歯の表面にレーザーを照射することで、表層がガラス化し歯質が強化されるため、虫歯になりにくくなります。また、痛みはまったくありません。
これにフッ素塗布を併用すると、予防効果がより一層高まります。

痛みの少ない虫歯処置

レーザーの照射は断続的なため、熱作用が瞬間的で虫歯を除去する際も痛みをほとんど感じることがありません。また、レーザーを照射した部分にのみ作用するため、体にも安全でやさしい治療を行うことが可能です。

知覚過敏の症状の緩和

レーザーには弱い鎮痛・麻酔作用があります。摩耗や歯周病などにより、歯が冷たいものなどに一時的に痛みを覚える場合、レーザーを照射することで痛みを軽減することができます。

口内炎の治療

口内炎の粘膜上皮を痂皮化し、接触痛を早期に治すことができます。

顎関節症の症状の緩和

顎関節症における痛みには、筋肉の痛みと関節部の痛みがあります。レーザーを顎の関節付近に照射することで、痛みを緩和できるだけでなく、開口状態も回復してきます。

メラニン色素沈着(歯肉の黒ずみ)の除去

メラニン色素で黒ずんでいる部分にレーザーを照射することで、歯茎の着色部分を除去することができます。痛みも生じず、短時間で除去できるため、一週間ほどで健康的なピンク色の歯茎を取り戻すことが可能です。
その他ホワイトニングにも使用いたします。

審美歯科・前歯のお悩み相談

歯を機能的に回復させるとともに、患者様の歯並びや歯茎の色などを健康な状態に戻します。十分なカウンセリングをした上で、患者様にご満足いただけるような、見た目にも美しい口元を作り出します。

前歯のお悩み相談

前歯は、歯の中で一番目立ちます。前歯の歯並びや形、くすんだ歯の色が気になるなど、まずはご相談ください。患者様のご希望や気になる点などによって、必要な治療法は異なります。
歯を白くしたい方は、歯の汚れを落とす方法であるPMTC、もしくは歯本来の白さを取り戻せる方法であるエアーフローや、薬剤を使って歯を白くする方法であるホワイトニングをお選びください。
歯の色ではなく、歯の形をきれいにしたい方は、歯の一部もしくはすべてに適したかぶせ物や詰め物をする方法があります。歯の形だけでなく、歯の色も同時に白くされたい場合は、白いかぶせ物や詰め物を使用します。
変色の原因などが金属製のかぶせ物や詰め物にある場合は、金属を使用していないものに変えることも可能です。
また、歯並びをきれいにされたい方には、矯正治療も行っています。
歯並びなどに問題はなく、歯茎をきれいにされたい方には、歯周病治療による方法や、歯茎の炎症や変色を取り除く処置(レーザーによるメラニン色素除去)を行うことで、歯茎の色を健康な状態に戻すことが可能です。
当院では、患者様一人ひとりに合った治療方法をご提案させていただきます。自然で美しい歯を手に入れることで、笑顔に自信が持てるようになりますので、まずはお気軽にご相談ください。

エアーフロー

重炭酸ナトリウム塩を専用器具から吹きだし、歯の表面についたヤニや茶しぶなどの着色を取り除くことで、歯本来の美しさを取り戻せる方法です。

それ以上白くされたい方は、歯のホワイトニング(漂白)をおすすめします。

ホワイトニング

食生活や生活習慣などによる着色汚れや、遺伝や加齢による歯の黄ばみは、通常の歯みがきでは落としきれません。専用の薬剤で歯の中に入り込んだ着色有機物を分解して漂白するため、歯を削ることなく、自然な白さを得ることができます。

オフィスホワイトニング

歯科医院で歯科医が行うホワイトニングのことです。歯に専用の薬剤を塗ってレーザーを当てることで、歯の中に入り込んだ色素を分解し歯を白くする方法です。
オフィスホワイトニングだけでは十分に白くならない場合もあり、ホームホワイトニングと併用することで効果を上げることもあります。

ホームホワイトニング

歯科医の指示のもとに、患者様ご本人が自宅で行うホワイトニングのことです。歯科医が患者様の歯型に合わせたトレー(マウスピース)をお作りし、薬剤とともにお渡しします。患者様は歯科医から説明された手順どおりに自宅でマウスピースに薬剤を入れ、決められた時間のあいだ歯に装着して歯を白くしていきます。
安全性や効果についてご質問などございましたら、お気軽におたずねください。

ホームホワイトニング

歯ぎしり相談

慢性的な歯ぎしりは、エナメル質を磨滅することで歯が割れたり、かぶせ物や詰め物が壊れたり、取れたりするだけでなく、顎関節症の要因になったりします。
また、歯ぎしりやくいしばりがあると、それ以外にもさまざまな弊害が生じます。

歯がしみる(知覚過敏症)

歯が削れたり、歯の表面のエナメル質がはがれたりすると、外からの刺激が歯の神経を刺激し、歯がしみたり、痛んだりするなどの知覚過敏症を引き起こしてしまいます。この痛みが続いてしまうと、歯の神経を取らなくてはならなくなります。

歯の周りの痛み(歯根膜炎)

歯と骨の間には、歯根膜繊維というものが介在しています。これは歯と骨をつなぎ、歯に加わる衝撃が骨に直接加わらないように緩和するなどの役目があります。ここに持続的な圧力が加わり、それらの許容範囲を超えてしまうと炎症を起こしてしまいます。その炎症は、歯の周りに痛みを起こしてしまいます。

歯の周囲骨の吸収(歯周病の要因)

歯ぎしりなどで歯が慢性的にゆすられることで、歯の周囲骨に過大な圧力が加わると、骨が溶けたかのように吸収されてしまいます。また、歯周病を助長し、歯の動揺が見られる場合もあります。

頭痛、顎関節の痛み

心身にストレスがかかると、顔つきが変わってしまいます。これは顔の周りの筋肉が緊張してこわばった状態だからです。特に噛むための筋肉が硬直すると、筋肉の痛みが生じます。また、顎の関節にまで力が及ぶ場合には、顎関節症として痛みを引き起こす場合もあります。

歯ぎしりの治療法の中で一般的なのが、マウスピースです。就寝時にこれを装着することで、歯にかかる負担を軽減させることができます。当院では、マウスピースを保険適応内で作ることが可能です。歯ぎしりやくいしばりを放っておくと噛み合わせに影響し、重大な病気を引き起こす恐れもあるため、お早めにご相談ください。

入れ歯

合わない入れ歯を使い続けると、痛いだけでなく、物をよく噛めないことで胃に負担がかかるといった問題が生じます。当院では、いろいろな種類の中から、患者様に合う入れ歯をご提案させていただきます。

入れ歯とは

歯を失った部分を補う「義歯」のこと。一般的には、プラスチックの床(ピンク色の部分)に、陶材やプラスチック製の人工歯を並べたもの。「総入れ歯」と「部分入れ歯」があります。

入れ歯とは

入れ歯で、お困りのことはございませんか?

●痛い
●食べにくい
●かみ合わせが悪い
●しゃべりにくい
●噛み切れない
●笑えない

●見た目が悪い
●外れやすい
●入れ歯安定剤が欠かせない
●入れ歯の裏側にモノが挟まる
●口が曲がっている
●左右の顎のバランスが悪い

入れ歯で、お困りのことはございませんか?
 

入れ歯は、自分の歯ではなく、仮の歯を装着しているのですから多少の違和感は仕方のないことですが、しばらく装着していれば慣れてくるものです。しかし、このような問題が生じる原因として、「入れ歯が自分にあっていない」ことが考えられます。
現在使用中の入れ歯に不満をお持ちの方は、当院にご相談ください。

インプラント

インプラントのしくみ

インプラントは、歯を失ってしまった部分の顎の骨に、人工の材料(チタン)を歯根の代わりに埋め込み、その上に人工の歯を固定させる方法です。

歯を失った時に補う治療は他に、入れ歯とブリッジが一般的ですが、入れ歯は使用中の違和感が多い、また、どちらも残った歯に負担がかかり結果的に健康な歯の寿命を縮めてしまう、などの問題があります。

一方、インプラントは顎の骨に直接土台を埋め込むため、周りの健康な歯を傷つけることなく、ご自身の歯とほとんど変わらない使用感が得られます。

インプラント装着とそのイメージ

  • インプラント装着とそのイメージ1 顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込みます。チタンは生体親和性が高く、骨の組織と直接結合し、骨の一部として取り込まれたように安定します。これは、植物の根が土の中に張る状態と似ています。

  • インプラント装着とそのイメージ2 埋め込んだ歯根が骨と結合した後、人工の歯を被せるための土台(アバットメント)を上部に取り付けます。このときの状態は、根がしっかり張った植物の茎が土の上に顔を出したイメージです。

  • インプラント装着とそのイメージ3 土台の上部に人工歯を被せます。人工歯は歯根を通して骨と堅く結合しているので、ご自身の歯の様にしっかり噛むことができます。雨風にも倒れず見事な花を咲かせる植物のイメージです。

歯を抜けたまま放置していると、抜けて空いたスペースに、となりの歯が寄ったり、倒れこんだりして歯並びが悪くなることや、噛み合っていた歯が伸びてきて噛み合わせが悪くなるといったリスクがあります。

歯を失ってしまい噛めない、入れ歯がわずらわしい、人前で話すことに抵抗がある、といった方にはインプラント治療をおすすめしています。
まずはお気軽にご相談ください。

歯科口腔外科

親知らずの抜歯をはじめ、口腔内の腫れものや、舌の痛み、顎関節症など、お口やお口まわりのさまざまな症状に対応しています。その中でも口内炎は、口の中の粘膜に起こる炎症を総称しているもので、特定の病気を指しているわけではありません。一般的な口内炎は、レーザー治療を行うことで劇的に早く治ります。しかし、口内炎の原因が何であるかは見た目で判断できないことがあり、時には重大な病気が隠れていることもあります。粘膜の異常をいち早く発見することで重大な疾患を防ぐことができるので、口腔内全体の定期的なチェックをお薦めいたします。

  • 採用情報

診療時間

AM9:30〜PM14:00、15:30〜19:30、土日AM9:00〜PM14:30 休診日:祝日

診療内容

一般歯科、予防歯科(歯周病、虫歯予防)、
小児歯科、矯正歯科、レーザー治療、
審美歯科・前歯のお悩み相談、
ホワイトニング、歯ぎしり相談、
入れ歯、インプラント、歯科口腔外科

アクセス

地図

〒144-0046 東京都大田区東六郷2-12-2 1F

  • モバイルサイト