大田区東六郷・雑色の歯科・歯医者、あおぞら歯科クリニック|歯科口腔外科

当院では、親知らずの抜歯、歯ぎしり、口腔がんなど幅広いお口周りの問題に対応致します。

歯科口腔外科 dentalsurgery

歯科口腔外科

スター歯科口腔外科

写真:歯科口腔外科

親知らずの抜歯をはじめ、口腔内の腫れものや、舌の痛み、顎関節症など、お口やお口まわりのさまざまな症状に対応しています。その中でも口内炎は、口の中の粘膜に起こる炎症を総称しているもので、特定の病気を指しているわけではありません。
一般的な口内炎は、レーザー治療を行うことで劇的に早く治ります。しかし、口内炎の原因が何であるかは見た目で判断できないことがあり、時には重大な病気が隠れていることもあります。粘膜の異常をいち早く発見することで重大な疾患を防ぐことができるので、口腔内全体の定期的なチェックをおすすめいたします。

親知らずの抜歯

写真:親知らずの抜歯

親知らずは正しくない方向に生えることがほとんどで、その状態を放置しておくと腫れたり、痛みを感じたりします。炎症を起こしてしまった場合、他の歯にも悪影響を与える可能性があるため抜歯が必要になります。
当院では、親知らずの抜歯を行う際にも痛みの少ない治療を心がけておりますので、不安が強い患者様でも安心して治療を受けていただけます。

歯ぎしり相談

スター歯ぎしり相談

写真:歯ぎしり相談

慢性的な歯ぎしりは、エナメル質を磨滅することで歯が割れたり、かぶせ物や詰め物が壊れたり、取れたりするだけでなく、顎関節症の要因になったりします。また、歯ぎしりやくいしばりがあると、それ以外にも下記のような症状を引き起こすことがあります。

歯がしみる(知覚過敏症)
歯歯がしみる(知覚過敏症)

歯が削れたり、歯の表面のエナメル質がはがれたりすると、外からの刺激が歯の神経を刺激し、歯がしみたり、痛んだりするなどの知覚過敏症を引き起こしてしまいます。この痛みが続いてしまうと、歯の神経を取らなくてはならなくなります。

歯の周りの痛み(歯根膜炎)
歯歯の周りの痛み(歯根膜炎)

歯と骨の間には、歯根膜繊維というものが介在しています。これは歯と骨をつなぎ、歯に加わる衝撃が骨に直接加わらないように緩和するなどの役目があります。ここに持続的な圧力が加わり、それらの許容範囲を超えてしまうと炎症を起こし、やがて痛みを感じるようになります。

歯の周囲骨の吸収(歯周病の要因)
歯歯の周囲骨の吸収(歯周病の要因)

歯ぎしりなどで歯が慢性的にゆすられることで、歯の周囲骨に過大な圧力が加わると、骨が溶けたかのように吸収されてしまいます。また、歯周病を助長し、歯の動揺が見られる場合もあります。

頭痛、顎関節の痛み
歯"頭痛、顎関節の痛み

心身にストレスがかかると、顔つきが変わってしまいます。これは顔の周りの筋肉が緊張してこわばった状態だからです。特に噛むための筋肉が硬直すると、筋肉の痛みが生じます。また、顎の関節にまで力が及ぶ場合には、顎関節症として痛みを引き起こす場合もあります。

マウスピースによる歯ぎしり治療

写真:マウスピースによる歯ぎしり治療

歯ぎしりの治療法の中で一般的なのがマウスピースです。就寝時にこれを装着することで、歯にかかる負担を軽減させることができます。当院では、マウスピースを保険適応内で作ることが可能です。歯ぎしりやくいしばりを放っておくと噛み合わせに影響し、重大な病気を引き起こす恐れもあるため、お早めにご相談ください。

口腔がん検診

スター口腔がん検診

写真:口腔がん検診

2週間以上経っても治らない口内炎などがありませんか?それは口腔がんの可能性があります。口腔がんは初期の段階では痛みや出血がなく、口内炎やできものかな?と思われる方が多くいらっしゃいます。
当院では少しでも早い段階で発見できるよう、口腔がん検診に力を入れております。
視診・触診に加えて、光(蛍光観察装置)による病理組織の発見と、病理検査(細胞診、組織診=生検)を行っています。

口腔内蛍光観察装置による診断

写真:口腔内蛍光観察装置による診断

口腔内蛍光観察装置で青色の光を照射し、どのように見えるかでがんを発見します。あおぞら歯科クリニックでは、検診後に分かりやすい報告書を作成し、患者様にお渡しいたします。

価格:1回3,000円(税別)

病理検診による診断

細胞を採取し、病変を診断する「細胞診」、組織の一部を切除し調べる「組織診=生検」も保険適応で行っています。

価格:保険適用

口腔カンジダ症検査(培養検査)

スター口腔カンジダ症検査
(培養検査)

写真:口腔カンジダ症検査(培養検査)

カンジダ菌は口腔内の常在菌の一種(いる人といない人がいます)で、存在しても普段は悪さをすることはありません。
しかし、糖尿病などの免疫力が低下する全身疾患の方、衰弱により免疫力が低下している場合、唾液量の減少、長期間にわたる抗菌薬の服用など様々な要因により、お口の中の菌のバランスが崩れ、カンジダ菌が異常に増殖し発症します。

当院では、カンジダ菌の培養検査を保険適用で行っています。

口腔カンジダ症の症状

  • 舌や頬粘膜がヒリヒリする
    一番症状が多い
  • お口の中がネバネバする
    症状が多い
  • お口の中が白っぽい、または赤くなっている
  • 辛い食べ物や刺激のある食べ物がしみる
  • 味覚が分かりにくくなってきた
  • 入れ歯の下が赤い
  • 口内炎、口角炎がよくできる

このような症状がございましたら、お早めの検査をおすすめいたします。

検査方法

お口や舌を綿棒で数回拭い、寒天培地に塗布します。
1週間ほど培養し、寒天培地にできたコロニー(色のついた丸いつぶつぶ)の数をみて評価します。
全くコロニーが出ない方は菌がいないといえ、コロニーが出ても数個でしたら、悪さはしていないといえます。

病理検診による診断

価格:保険適用
(3割負担で1,000~1,500円程度)